一人で充填&キャッピング WR-1FC

wr1fc

  • wr1fc

特徴

扱いにくいボトルやスパウトパウチを効率よく一人で充填&キャッピング

部材供給と目視検査を1箇所に集約したレイアウトにより、1名の作業者で充填&キャッピングが行え、高い省力効果を発揮します。

・自立しないボトルや不安定なボトル、スパウトパウチもわずか8個のホルダで確実にホールドして充填、キャッピングまで行います。

・スパウトパウチの充填は、泡立ちを防止するためにパウチ内を真空にしてから定量充填します。

・ボトルへの充填は、泡立ちを防止するため液面追従しながら定量充填します。

・キャッパーは新製品対応力と再現性のすぐれたサーボキャッパー搭載。

・全動作をACサーボモータで制御しているので、カム等の交換部品が無く99品種まで製品を記憶し、材料の粘度変化に対する修正も簡単に行えます。

・新開発のベースマシンはテーブル内に全ての機器を収納し、作業性とメンテナンスを飛躍的に向上させました。

仕様

 

本体
生産能力 10~20本/分(液質、作業者により変動します)
ベースマシン 中空式8分割インデックス
ステージ スパウト用・ボトル用ホルダ・キャップ用より選択

 

充填部
充填方式 スパウト:真空引き定量充填
ボトル:液面追従式定量充填
充填方式 中空式8分割インデックス
充填量 5.0~330.0cc、10.0~550.0cc、
20.0~1100.0ccより選択
品種記憶数 99品種:充填量・速度・なめらかさ・サックバック・
昇降位置
接液部材質 SUS304、バイトン、樹脂(特注にてSUS316)

 

キャッパー部
キャッパー サーボコントロール式キャッパー
供給スイングモーション
ベースマシン 中空式8分割インデックス
トルク設定 0.8~4.0Nm デジタル設定

 

オプション
打栓装置、取り出しミニロボット、排出コンベア

カタログ(PDF)

前のページへ戻る 一覧へ戻る

PAGE TOP